WISDOMTOOTH

当院では、大学病院で親知らずの抜歯を専門としていた
日本口腔外科学会認定医が親知らずの抜歯を行います。

他院で抜歯は難しいと診断を受けられた方もご相談ください。

親知らずとは

親知らず(おやしらず)とは、最も後ろに位置する歯であり、第三大臼歯が正式な名称です。前歯から数えて8番目にあり、永久歯(大人の歯)の中で最後に発育します。
親知らずは生えてくるスペースが不足し、横や斜めに傾斜していたり、骨の中に埋まったりしてきちんと生えてこないことがあります。

親知らずを抜いたほうがいい場合とは

親知らず自体や手前の歯がむし歯になってしまった場合

親知らずは一番奥の歯なので治療器具が届きにくく、その後の手入れも困難なため、虫歯になった場合は抜いた方がよいでしょう。
また、手前の第二大臼歯もむし歯になった場合は、すみやかに親知らずを抜いて第二大臼歯のむし歯を処置する必要があります。

横向きに埋まっていて前方の歯に悪影響を及ぼす場合

親知らずに歯肉が被っていると、歯ブラシが届かないため不潔になりやすく、歯肉の炎症を起こしやすい状態になっています。
また、親知らずが横向きに生えてくると、手前の歯を押したり手前の歯の吸収を引き起こすこともあります。

親知らずの生える方向が悪かったり、炎症をくり返す場合は、抜歯した方が良いと考えられます。

難しい親知らずの抜歯にも対応します

まっすぐに生えている歯を抜歯するのに比べて、横向きに傾斜していたり、骨の中に埋まっている歯の抜歯には診断力と技術力が必要です。
当院では親知らずの抜歯を多数経験している日本口腔外科学会認定医が難しい抜歯にも対応します。
しかし中には、親知らずを抜歯することによるリスクが高く、抜歯をしない方が良い場合もあります。
抜歯をする、抜歯をしないという両方の選択肢がありますので、親知らずでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

まっすぐ生えている

斜めに傾斜している

横向きに傾斜している

骨の中に埋まっている