AESTHETIC DENTAL TREATMENT

当院では、“審美的に美しく、かつ再治療がない歯科治療を目指し、精密な治療を提供する”ということを大切にしております。

肉眼では見えない、より細かい治療を行うため拡大鏡を用います。
まずは確実に虫歯の治療を行います。
その後、歯肉の状態のコントロールを行い、周囲の歯の色に合わせた審美的で適合が良い、精度の高い治療を提供いたします。

精密審美歯科治療の流れflow

  • 1初診相談

    お口の中を診察、患者様が気になることをお聞きし、現在の状態や治療の流れについてご説明します。

  • 2精密検査

    現在の状態を詳しく把握し、治療方針を決定するために必要な検査を行います。
    (口腔内写真、レントゲン写真など)

  • 3診断、治療計画立案

    現在の状態、患者さま一人ひとりに合わせた治療計画のご説明をします。
    期間、費用、治療の利点・欠点などご不明な点はご相談ください。

  • 4精密審美歯科治療

    患者さまのオーダーメイドの治療計画に合わせて実際の治療を行ないます。

  • 5メインテナンス

    治療後もお口の状態を美しく健康に保つためには日々のケアと定期検診が重要になります。

金属を使わない・歯をできるだけ削らない審美歯科治療

今までの白い詰め物や被せ物は、金属の上にプラスチックやセラミックスを被う方法が一般的でした。経年的にプラスチックやセラミックスが削れてくると金属の土台が露出し審美性の低下、材質の劣化が起こります。

そして、それら材質の強度不足を補うために、歯を多く削り、被せ物自体の厚みを出すことが必要となってました。

しかし最近では、ジルコニアなどの金属を使用しない、審美的でかつ強度の高い材質の改良が進んでいます。
当院では、ジルコニア、セラミックスなどの金属を使用しない審美歯科治療を行っております。

歯は一度削るともとには戻りません。材質の向上により歯を削る量を減らすことができれば、歯の神経を保存できる確率も高くなり、歯の予後は良いと考えられます。

精密歯科治療 〜再治療のない歯科治療を目指して〜

従来の歯科治療は虫歯の取り残しによる虫歯の再治療、不適合な詰め物や被せ物による再治療が多く、再治療を繰り返していくうちに、いずれ歯を抜かなければならないリスクも高まります。
当院では肉眼では見えない、より細かい部位の治療を行うために拡大鏡を用います。
まずは確実に虫歯の治療を行い、その後のジルコニア、セラミックスなどの詰め物・被せ物の精度を追求することで、精密な治療を提供し、再治療のない歯科治療を目指します。

一人ひとりに合わせたオーダーメイドの治療

最終的な被せ物を装着する前の仮歯の段階から、歯科医師、歯科技工士が患者様と一緒に最終的な歯の形態や色調、咬み合わせを相談します。

必要に応じて、ホワイトニングで歯を白くしたり、矯正専門医による咬み合わせや周囲の歯並びの調整をご案内いたします。

審美歯科治療と矯正治療を組み合わせることでより健康で美しい口元に

当院では、歯1本だけを診て治療するのではなく、周囲の歯との形や色の調和、そして最終的にはキレイな口元の実現を目指すため、場合によっては部分矯正をおすすめします。

通常の矯正治療は2年から3年かかることが多いですが、部分矯正は治療期間も6か月前後と短期間で、審美性だけでなく噛み合せを改善することができます。

ジルコニア、セラミックスを被せるために神経を抜かなければならない症例でも、歯の位置や方向を矯正治療により整えることで、歯を削る量を少なくできるため、神経を抜かずに被せ物をすることが可能になります。

また事前に歯の位置を整えることで八重歯などが改善され歯肉の位置も整うため、自然な笑顔の口元になります。

ホワイトニングを併用することで明るい口元に

当院ではジルコニア、セラミックスなどの被せ物の前にホワイトニングを行なっています。

また、歯の色を白くするオフィスホワイトニングだけでなく、歯肉のホワイトニング(ガムピーリング)も行っています。
タバコや歯周病などによって黒くなった歯肉は口元が暗いイメージになってしまいます。
歯肉の色は、歯の色と同じように印象に深く関与しています。
歯と歯肉の色が明るくなることで口元の印象は明るく若々しくなります。