AESTHETIC DENTAL TREATMENT

当院では、“審美的に美しく、かつ再治療がない歯科治療を目指し、精密な治療を提供する”ということを大切にしております。

肉眼では見えない、より細かい治療を行うため拡大鏡を用います。
まずは確実に虫歯の治療を行います。
その後、歯肉の状態のコントロールを行い、周囲の歯の色に合わせた審美的で適合が良い、精度の高い治療を提供いたします。

セラミック治療Ceramic

牧野歯科・矯正歯科のセラミック治療の特徴

セラミック治療

当院でのセラミック治療は患者様ひとりひとりに合わせた材料の選択、形態のデザイン、隣在歯になじむ色調と艶を追求し、患者様にご満足いただけるセラミック治療をご提供いたします。

セラミック治療は保険治療と比べ審美性に優れていることはもちろんですが、精密で適合性がいい詰め物被せものが入るため、経年劣化が少なく虫歯や歯周病にもなりにくいという利点もあります。

ラミネートベニアLaminate veneer

ラミネートベニア

ラミネートベニアとはセラミックでできた薄い歯を歯の表面に接着させることで審美性を改善する治療です。接着技術の進歩により歯を削る量は最小限に抑えるため、自分の歯を多く残すことができ歯へのダメージが少ない治療となります。(全く削らない場合もあります)
歯の表面だけを一層削って、付け爪のようなラミネードベニアと呼ばれる薄いセラミックを接着させる治療のため、できるかぎり歯を削りたくないとお考えの方はぜひご相談ください。

適応症

短期間で歯の白さや歯並びを改善したい
歯の変色が強くホワイトニングで白くならない(テトラサイクリン、歯が生まれつき変色している)
ホワイトスポット(歯の白濁)
エナメル質形成不
矮小歯(生まれつき歯の小さい)の形態修正
むし歯を詰めた材料が変色している(範囲が大きい)
歯の失活により変色している

※ 歯ぎしりや噛みしめる癖がある方や大きなむし歯がある方は治療できない場合があります。

ダイレクトボンディングDirect bonding

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングとは、お口の中で直接レジンを盛って修復する治療です。
保険適応のレジン治療と異なり、多数の色調のレジンを重ね、天然歯のような自然な色調を再現します
使用する材料も高品質で透明感や色調が豊富な審美性が高いレジンを使用します。
セラミックとプラスチックを混合したハイブリッドレジンという素材で、セラミックと比べると、経年劣化や着色する可能性があります。しかし、ダイレクトボンディングは、セラミックに比べて、歯を削る量を抑えることができます。

適応症

できるかぎり歯を削りたくない
前歯の隙間をなくしたい
歯の形を治したい
ホワイトスポット(歯の白濁) 
矮小歯(生まれつき歯の小さい)の形態修正
むし歯を詰めた材料が変色している
金属の詰め物を白くしたい

※ コンポジットレジンはジルコニアや金属と比べると強度が低いため、奥歯のような強い力がかかる部分で、範囲の大きいむし歯に対してダイレクトボンディング治療を行うと、レジンが欠けたりすることがあります。

ガムピーリングGum peeling

ガムピーリング

ガムピーリングとは、黒ずんだ歯肉を明るいピンク色に回復させるという方法です。
歯並びが整ったり、歯の色が白くてなると、歯肉の色も気になる方も少なくありません。 
より美しい口元・笑顔には歯列矯正や歯のホワイトニングと同じくらいガムピーリングによる歯肉のケアは重要といえます。
歯肉の黒ずみの主な原因はメラニン色素です。メラニン色素の沈着は喫煙、紫外線、口呼吸、食物の刺激、強すぎる歯ブラシの刺激などにより起こってきます。このメラニン色素は表層に存在しているため、ピーリングによってきれいにすることができます。

審美歯科治療の流れflow

  • 1初診相談

    お口の中を診察、患者様が気になることをお聞きし、現在の状態や治療の流れについてご説明します。

    初診相談
  • 2精密検査

    現在の状態を詳しく把握し、治療方針を決定するために必要な検査を行います。
    (口腔内写真、レントゲン写真など)

    精密検査
  • 3診断、治療計画立案

    現在の状態、患者さま一人ひとりに合わせた治療計画のご説明をします。
    期間、費用、治療の利点・欠点などご不明な点はご相談ください。

    診断、治療計画立案
  • 4審美歯科治療

    患者さまのオーダーメイドの治療計画に合わせて実際の治療を行ないます。

    審美歯科治療
  • 5メインテナンス

    治療後もお口の状態を美しく健康に保つためには日々のケアと定期検診が重要になります。

金属を使わない・歯をできるだけ削らない審美歯科治療

今までの白い詰め物や被せ物は、金属の上にプラスチックやセラミックスを被う方法が一般的でした。経年的にプラスチックやセラミックスが削れてくると金属の土台が露出し審美性の低下、材質の劣化が起こります。

そして、それら材質の強度不足を補うために、歯を多く削り、被せ物自体の厚みを出すことが必要となってました。

しかし最近では、ジルコニアなどの金属を使用しない、審美的でかつ強度の高い材質の改良が進んでいます。
当院では、ジルコニア、セラミックスなどの金属を使用しない審美歯科治療を行っております。

歯は一度削るともとには戻りません。材質の向上により歯を削る量を減らすことができれば、歯の神経を保存できる確率も高くなり、歯の予後は良いと考えられます。

ジルコニア、セラミックス

精密歯科治療 〜再治療のない歯科治療を目指して〜

従来の歯科治療は虫歯の取り残しによる虫歯の再治療、不適合な詰め物や被せ物による再治療が多く、再治療を繰り返していくうちに、いずれ歯を抜かなければならないリスクも高まります。
当院では肉眼では見えない、より細かい部位の治療を行うために拡大鏡を用います。
まずは確実に虫歯の治療を行い、その後のジルコニア、セラミックスなどの詰め物・被せ物の精度を追求することで、精密な治療を提供し、再治療のない歯科治療を目指します。

再治療のない歯科治療を目指して

一人ひとりに合わせたオーダーメイドの治療

最終的な被せ物を装着する前の仮歯の段階から、歯科医師、歯科技工士が患者様と一緒に最終的な歯の形態や色調、咬み合わせを相談します。

必要に応じて、ホワイトニングで歯を白くしたり、矯正専門医による咬み合わせや周囲の歯並びの調整をご案内いたします。

一人ひとりに合わせたオーダーメイドの治療

審美歯科治療と矯正治療を組み合わせることでより健康で美しい口元に

当院では、歯1本だけを診て治療するのではなく、周囲の歯との形や色の調和、そして最終的にはキレイな口元の実現を目指すため、場合によっては部分矯正をおすすめします。

通常の矯正治療は2年から3年かかることが多いですが、部分矯正は治療期間も6か月前後と短期間で、審美性だけでなく噛み合せを改善することができます。

ジルコニア、セラミックスを被せるために神経を抜かなければならない症例でも、歯の位置や方向を矯正治療により整えることで、歯を削る量を少なくできるため、神経を抜かずに被せ物をすることが可能になります。

また事前に歯の位置を整えることで八重歯などが改善され歯肉の位置も整うため、自然な笑顔の口元になります。

ホワイトニングを併用することで明るい口元に

当院ではジルコニア、セラミックスなどの被せ物の前にホワイトニングを行なっています。

また、歯の色を白くするオフィスホワイトニングだけでなく、歯肉のホワイトニング(ガムピーリング)も行っています。
タバコや歯周病などによって黒くなった歯肉は口元が暗いイメージになってしまいます。
歯肉の色は、歯の色と同じように印象に深く関与しています。
歯と歯肉の色が明るくなることで口元の印象は明るく若々しくなります。

ホワイトニング