INVISALINE

インビザラインは、米国アライン・テクノロジー社が作製するマウスピース型矯正装置です。インビザラインでは、最初にとった歯型をコンピューター上で読み込み3Dデジタル化し、治療完了までの緻密な治療計画を立てていきます。治療計画を正確に再現することができるマウスピース矯正治療といえます。

インビザラインの特徴

1. 透明で目立ちにくい

インビザラインは透明なマウスピースなので、目立ちにくく、周囲に気付かれずに矯正治療を行うことができます。装着時の違和感も少なく、話しづらさもほとんどありません。

取り外して歯磨きができるので衛生的

患者さま自身で取り外し可能な装置なので、歯ブラシやデンタルフロスなど普段通りの口腔ケアができます。食べかすやプラークが装置につかないので、歯や歯肉を健康に保ちやすくなります。装置も洗浄できるので衛生的です。

3. 痛みが少ない

インビザラインは歯が動くとき過度な力がかかりにくく、比較的痛みが少ないといわれています。またワイヤーやブラケットを使用していないため、口の中の粘膜を傷つけたり口内炎ができることはほとんどありません。

4. 食事もおいしく食べられる

インビザラインは、取り外しが可能ですので、普段通りに食事を楽しむことができます。ワイヤーの矯正装置の場合、葉物野菜やお肉の繊維が装置に絡みやすく、粘着性のあるものや硬いものは避けてもらうことが多いのですが、マウスピース型矯正装置は食べたいものを我慢せずおいしく食べることができます。

5. 通院回数が少ない

1~2週間に1回マウスピースの交換をご自分で行い、徐々に歯を動かしていきます。定期的なチェックに必要な通院は1.5~3か月ごとです。このためご多忙な方や遠方の方も負担が少なくてすみます。

6. 金属アレルギーの方も安心

マウスピースは素材がプラスチック製で金属を使用していません。金属アレルギーで矯正治療を受けられなかった方も、安心して治療を受けていただくことができます。

インビザラインの注意点

1日20時間以上の装着が必要

マウスピース型矯正装置は取り外し可能で便利な装置ですが、1日20時間以上装着していただく必要があります。装着時間が短い場合、治療期間が延びたり十分な治療効果が得られなくなります。矯正治療の成功には患者さまの協力が大変重要になってきます。

適応できない症例もあります

どんな症例にも適用できるわけではありません。 例えば重度の不正咬合にはインビザライン単独の治療は適用できない場合がありますが、可能な限り患者さまの症状とご希望に合った矯正治療方法をご提案いたします。