CARIES

  • 虫歯があるけど痛みはないし・・・
  • 歯医者に行くのがなんとなく苦手だ・・・
  • 痛い治療は嫌だな・・・
  • 忙しくて時間がない・・・

虫歯は心配だけれど、このようにお考えの方は多いかと思います。
虫歯は早期発見・早期治療が大変重要です。初期段階の虫歯は歯を削る量が少ないため、治療の痛みはほとんどありません。しかし虫歯を放置してしまうと、激しい痛みが出たり、神経を取る治療や抜歯が必要となる場合があります。

虫歯が気になる方はぜひ一度ご相談にいらしてください。

虫歯の進行に応じた治療法Caries treatment

C0  初期の虫歯

C0は歯の表面のエナメル質が溶け始めている状態で、虫歯の穴はまだ空いていません。
痛みなどの自覚症状はありません。
C0の段階では歯を削る必要はなく、主な治療法は適切なブラッシングや、歯を修復する力のある「フッ素」を塗布し虫歯の進行を防ぎます。

C1  エナメル質の虫歯

C1はエナメル質が溶けて穴が空き始めていたり、歯の表面が黒ずんでいる状態です。
ほとんど痛みを感じることはありませんが、冷たいものや甘いものがしみることがあります。
C1の段階では虫歯部分を削りレジンという材料を詰めて修復します。

C2  象牙質の虫歯

C2はエナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行している状態で、神経の近くまで穴が空いているので、冷たいものや甘いものがしみるようになり、痛みを感じることがあります。
C2の段階では虫歯部分を削り詰め物をして修復します。レジンまたは虫歯の範囲によってはインレーという詰め物をします。

C3  歯髄(神経)まで達した虫歯

C3は虫歯が歯髄(神経)にまで達した状態で、熱いものがしみたり、何もしていなくても激しい痛みを感じたりすることがあります。
C3の段階では根管治療と呼ばれる神経を取り除く治療が必要となります。根管治療後にクラウンという被せ物で歯を修復します。

C4  歯冠がほとんど失われ歯根まで達した虫歯

C4は歯冠と呼ばれる歯肉の外に出ている部分が虫歯によってほとんど失われ歯髄が壊死し、歯根まで虫歯が達した状態です。
C4の虫歯は神経が死んでしまって痛みを感じなくなることがありますが、痛みを感じないからといって放置すると、歯根に膿が溜まって激しい痛みが生じることがあります。
C4の段階では歯を修復するのが難しいので、抜歯することがほとんどで、抜歯後は入れ歯やブリッジ、インプラントなどの処置を行い歯の機能を回復します。

レジン(コンポジットレジン)

コンポジットレジンとは歯の色に近いペースト状の樹脂製の材料で、特殊な光をあてることで短時間に硬まるという特徴があります。歯を削る量を最小限におさえることができ1日で治療が完了します。歯と同じ色で治すことができ、審美的にも優れています。

インレー

比較的虫歯が広範囲で詰め物の部分が大きい場合には型取りをして、装着する詰め物をインレーといいます。保険治療では銀歯ですが、自由診療ではセラミックスやジルコニアという白くて透明感のある材料で作ることもできます。
セラミックスやジルコニアは硬く審美性にも優れ、経年劣化が少ないため長持ちします。

クラウン

歯冠全体の被せ物をクラウンといいます。
神経をとった歯や、虫歯がかなり広範囲に進行している歯に適応されます。
歯をすべてかぶせ物で覆ってしまうために強度が強く、再度虫歯にもなりずらいです。
保険治療では銀歯ですが、自由診療ではセラミックスやジルコニアという白くて透明感のある材料で作ることもできます。