ORTHODONTICS

不正咬合の種類type

叢生Crowding

歯が重なり合って生えていたり、犬歯が飛び出している状態。
歯が非常に大きいか、顎が小さいことなどが原因として考えられる。
歯みがきがしずらい為、虫歯や歯周病になりやすい。

開咬Openbite

上下の前歯が咬み合わせず、上下に隙間が空いている状態。
麺類、ピザやサンドウィッチが咬み切れない。
舌の大きさや位置がその原因となる場合が多い。

上顎前突Protruded

上の歯が大きく前に出ている咬み合わせ。
口が閉じにくく、笑うと上の歯ぐきが出てしまう。
呼吸器系の病気がその原因となる場合もある。

過蓋咬合Deepbite

前歯の咬み合わせが深く、下の前歯が見えない状態。下の顎の動きが制限されてしまう。
下の前歯が上の内側の歯肉を咬んでしまう。

反対咬合Crossbite

下の歯が上の歯より前に出ている咬み合わせ。
横顔がしゃくれた感じになる事が多い。
上下前歯の角度が原因によるものと、顎の骨格のバランスが悪い場合とがある。

空隙歯列Spacing

歯と歯の間に隙間がある状態。
顎の大きさに対して、歯のサイズが小さい事や、先天的に歯の本数が足りない事がその原因となる場合が多い。


矯正治療の流れflow

  • 1初診矯正相談(約30〜45分)

    歯並びを診察後、患者様が気になることをお聞きし、現在の状態や矯正治療の流れについてご説明させていただきます。

  • 2精密検査(約30分)

    現在の状態を詳しく把握し、治療方針を決定するために必要な検査を行います。

  • 3診断(約30分)

    現在の状態、治療方針、使用する装置などをご説明いたします。

  • 4治療開始

    矯正装置を装着し、歯を動かす治療が開始します。装置装着後は通常1か月に1回来院していただき、調整を行います。

  • 5保定治療

    矯正装置が外れると、後戻りを防止するためのリテーナーをご使用いただき経過を観察していきます。

マウスピース型矯正装置Mouthpiece

マウスピース型矯正装置は透明な薄いプラスチックなので、装着しても違和感が少なく、周囲からもほとんど分かりません。自分で取り外せるため、他の矯正装置よりもブラッシングがしやすく、食事も普段通りに楽しめます。装置が外せるので、大切なイベントを控えている方も安心して治療を始めていただけると思います。結婚式に向けて矯正治療を始める方もいらっしゃいます。
素材がプラスチックの為、金属アレルギーを引き起こす心配がありません。金属アレルギーで矯正治療を断念した方も、安心して治療を受けて頂くことができます。
1~2週間ごと(症例によって異なります)のマウスピースの交換はご自分で行います。定期的なチェックに必要な通院は1.5~3か月ごとです。このためブラケット矯正に比べて忙しい方や遠方の方も負担が少なくてすみます。

ブラケット矯正は幅広い症例に対応可能ですが、マウスピース矯正は、(症例によって異なりますが)マウスピース単独で治せない場合があります。

正しい装着方法で1日20時間以上の装置が必要となります。

舌側矯正lingual

舌側矯正の最大のメリットは、装置が見えないことです。 最近は大人になってから矯正治療をする方が増え、できるだけ目立たないようにと白い表側の装置なども開発されていますが、 どうしても近くで見ると少し目立ってしまいます。特に矯正治療をしたくても接客業やモデルさんなど人前に出る職業の方は表側に装置をつけることに抵抗を感じます。舌側矯正は歯の裏側に装置をつけるので他の方から見えず、人の目を気にしないで歯並びを綺麗にすることができます。

治療中の違和感について

最初は多少の違和感があるかもしれませんが、ほとんどの方は数日から1週間ほどで慣れています。当院では小型化された違和感の少ない装置を選択しております。

治療中の虫歯について

舌側矯正の方が表側矯正に比べて虫歯になりにくいです。
歯の裏側にあるエナメル質(歯の固い組織)の厚さは表側の約3倍です。また唾液による自浄作用も働きやすく虫歯のリスクは低くなります。しかし、ブラッシングが不十分だと虫歯になる可能性は高くなりますのでケアはしっかり行いましょう。

審美ブラケット矯正bracket

当院では、スタンダードな矯正治療の装置として「ホワイトワイヤー」と「プラスチックブラケット・セラミックブラケット」を採用しています。
一般的に矯正治療というと、銀色の装置を歯に付けるイメージが多いと思います。しかし最近では、透明や白色の装置、さらにワイヤーも白色で、より目立たない矯正治療が可能となっています。

ホワイトワイヤーとは

通常のシルバータイプのワイヤーの表面を白色に加工した、目立ちにくいワイヤーです。人前に出るお仕事をされている方や若い女性の方などに人気があります。セラミックス製の審美ブラケットと組み合わせることで、より目立たないように矯正治療を進めることができます。※ホワイトワイヤーの種類によっては、従来のワイヤーと比べての歯の動きに若干違いが出ることがあります。そのため、お口の状態に合わせて適切な装置をご提案させていただく場合もございます。

こどもの矯正Children

「子供の歯並びはこのままで大丈夫?」「どんな装置を使ってどんな治療をするのだろう?」「痛みはどれくらいあるのだろう?」など、お子さまもご両親もわからないことや不安が沢山です。当院では、お口の中の問題や治療方針などを分かりやすくご説明いたします。また、お子さまが安心して楽しく治療を受けていただけるよう居心地のよい環境作りを行っております。

こどもの矯正治療を行うメリット

歯を並べるための場所を確保できる

成長期の子供は骨が大人に比べると柔らかく、顎骨の拡大や成長を利用することで、歯を抜かなくても隙間を確保できる可能性が大きくなります。大人になってからの治療では同じようにはいきません。

骨の成長を出来るだけ正常な状態へ戻すことができる

出っ歯や受け口などは骨格的な問題によることも多く、早期に治療することで成長を利用して骨格的な改善を図ることが可能になります。

歯並びを悪くする原因を抑制・排除することが出来る

歯並びを悪くする原因を放置していると顎骨の正常な成長を妨げ、新たな悪い状態を生むことにつながります。早期に改善することで、正常な成長に誘導することができます。

大人の治療の難易度が下がります

こどもの矯正治療だけでも十分な患者さんはいらっしゃいますが、もし大人の治療が必要な方でも、治療の難易度を下げることにつながり、治療期間も短くなります。

使用する装置について

トレーナー型装置

歯並びを悪くする原因に働きかけ、顎骨の自然な成長と発達を促します。歯並びを悪くする原因には遺伝的要因と環境要因があるといわれています。環境要因とは口呼吸、舌突出癖(舌を前に出す癖)、逆嚥下(舌の奥を押し広げて食物を落とし込む食べ方)、指しゃぶりなど、誤った口腔習癖があげられます。
顎骨の成長と発達には正しい舌位と鼻呼吸がとても重要です。口呼吸をしている場合、安静時の舌が上顎についた位置に正しく置かれません。そのため、上顎が十分に発達せず下顎の前方への成長も妨げられます。歯並びだけでなく、気道が制限されて呼吸にも影響を及ぼす可能性があります。

拡大装置

顎が小さい、歯が大きいなどでデコボコの歯並びの治療で歯列を広げることを目的に使用する装置です。約1週間に1回、ねじを回して装置を広げることで、歯列の幅を広げるように動かし、永久歯がきれいに並ぶスペースを作り出します。
主に取り外すことの出来る装置を使用しますが、様々なお口の中の問題に応じて、一人ひとり異なった装置を使用します。そのため、場合によっては固定式の装置を使用することもあります。
「拡大」とは歯列の前方側方への傾斜移動になります。お子さまの症状に合わせて適正な量の拡大を行っていきます。

お子さまの部分矯正にも対応しています

お子さまの歯並びで「すきっ歯や1歯だけなど、部分的に治療したい」という場合、将来的な歯の生え方や、歯の動きを加味しながら「こどもの部分矯正」も扱っています。

どうして“こどもの歯並び”は悪くなるの??

歯並びを悪くする原因には遺伝的な要因もありますが、生活習慣や筋肉の使い方からくる発育異常がもとで、歯並びに悪影響を与えていることが少なくありません。
そこを見極めるためにも、お子さまの歯並びが気になったら早期のご相談をおすすめします。

歯並びや咬み合わせが悪いということは、歯の生え方だけの問題ではなく、アゴ(顎骨)の発育状況に起因している可能性があります。
お口の周りにはたくさんの重要な筋肉があります。特に「舌」は、歯並びに大きな影響を及ぼします。
舌は本来は上顎についていなければいけません。口を開いて口で呼吸をすると舌が下がり、上顎の発育が悪くなり、歯の生えるスペースが不足してしまい歯並びがガタガタになります。
また、舌が下がると気道を狭くしてしまいます。気道が狭くなると鼻からの空気が通らなくなり、睡眠時にいびきをかいたり、眠りが浅くなったりします。

当院ではこういった習癖や環境的な要因を改善し、お子さまに合わせた最適な装置を使用することで、歯並びをよくするだけではなく、もっと健康にもっと笑顔になれるようお手伝いをさせていただきたいと考えております。

ブライダル矯正bridal

結婚式当日には最高の笑顔で

当院では『ブライダルに向けた矯正』を率先して行っております。 女性にとってブライダルは大切なイベントで笑顔の絶えない時間です。そんな特別な日の笑顔をさらに輝かせるお手伝いができることをできるよう努めてまいります。

ブライダル矯正では結婚式までに気になる箇所を優先的に治療していきます。
結婚式後、再度矯正装置をつけて治療の続きをする場合もあります。またブライダルにむけてホワイトニングも同時に行うこともできますので、さらに笑顔に自信を持っていただけます。

※結婚式当日まであまりにも期間が短い場合は、ご希望に沿いかねることもあります。ご了承ください。6か月前頃にはご相談にいらしていただくことをおすすめいたします。

Bridal Report

img

20代 女性

上下舌側矯正の治療中に挙式を行われました。
舌側矯正は全く見えないので、治療中でも最高の笑顔です。

img

20代 女性

上の前歯の部分矯正を行われました。
治療期間は5か月です。
挙式前に矯正とホワイトニングをされて、とてもきれいな笑顔です。

部分矯正part

歯並びで気になるところは限局しているのに、高額で長期間の治療を受ける事に躊躇されている方は少なくないです。症状によって部分矯正治療を行えるケースは限られてはおりますが低価格で部分的に短期期間で治療を終了する事も可能です。
また、審美歯科治療やインプラントなどの補綴治療と部分矯正治療を併用することで、より機能性と審美性に優れた治療を行うことが可能となります。

  • ・費用を抑えられる
  • ・平均6〜8か月と治療期間が短い
  • ・気になるところだけを治せる

部分矯正の適応症は実は多くはありません。上の前歯が出ている出っ歯・強いデコボコ・噛み合わせが深いなどは前歯だけの部分矯正で治療する事は難しいことがあります。