DENTAL

インプラントImplant

失ってしまった歯の機能を回復する方法には“入れ歯” “ブリッジ” “インプラント”があげられます。インプラント治療とは、顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込んで、その上にセラミック製の被せ物や特殊な入れ歯などを装着して歯の機能を回復させる治療です。インプラント治療には専門的な知識や経験が必要になります。当院では正確で精密な診断のもと、綿密にシミュレーションを行い、安全で質の高い治療を提供いたします。また、他院で骨が薄い、骨がないと診断を受けた方でも当院では対応しております。

インプラントブリッジ入れ歯
取り外しなしなしあり
他の歯への影響削らない大きく削る少し削る
外科処置ありなしあり
治療期間2〜10ヵ月1〜3ヵ月1〜3ヵ月
保険適用適用外どちらもありどちらもあり

歯科用CTを活用した精密診断

インプラント治療において最も重要なのは診断と治療計画の立案です。
歯科用CTを用いて顎の骨や神経・血管の位置を正確に詳細に把握し、精密な診断を行います。詳細情報をもとにシミュレーションを行い、安全性の高い治療を提供します。当院ではできるかぎり再治療のないインプラント治療を行うことを大切にしております。

インプラントは「インプラント体」「アバットメント」「上部構造」の3つの部品によって出来ています。

インプラント体:人工歯根と呼ばれる部分で、チタンで出来ており、ねじのような形をしています。
アバットメント:インプラント体と上部構造とをつなぐ部品です。
上部構造:歯となる部分で、人工歯とも呼ばれます。

骨が足りない部分にもインプラント治療ができます

上顎洞底挙上術(サイナスリフト)

上顎の奥歯で骨が足りない場合に行われます。上顎洞と骨との間にある膜を持ち上げ、その隙間に人工骨や自家骨を補填します。

上顎洞底挙上術(ソケットリフト)

上顎の奥歯で骨が足りない場合に行われます。ある程度の骨(4mm~5mm以上)があるが、骨増生が必要な際に行う処置です。インプラントを埋入する穴に人工骨や自家骨を入れ、専用の器具を使って上顎洞を押し上げる方法です。

骨増生

骨の幅や高さが足りない場合に行われる方法です。骨が不足している部位に人工骨や自家骨を補填し、骨の再生を促進する特殊な膜で被い骨の量を増やします。インプラント手術前に行ったり、インプラント手術と同時に行うことがあります。

項目料金
診断 CT撮影
3次元的にインプラントを入れるだけの骨の高さ、幅があるかどうか。神経や血管、解剖学的構造物の位置、角度を事前に把握しておくための重要な検査
10,000
サージカルガイド(コンピュータガイド手術)
インプラントから立ち上がる歯を最初にイメージさせて、そのデータをCTに読み込ませることで、インプラントの本数、インプラントを入れる角度、骨造成の必要性の診断を行い、理想的なインプラントの歯を作成するための検査
50,000
インプラント治療 インプラント1次手術
骨の中にインプラント体(フィクスチャー)を入れる処置
250,000
インプラント2次手術
インプラント体にアバットメントを接続して粘膜を貫通させる処置
インプラント仮歯
インプラント体と接続されたプラスチックの歯
インプラント上部構造
インプラント体と接続されたセラッミクあるいは金属の歯
100,000
〜200,000
インプラント治療
に必要な追加の処置
上顎洞底挙上術(サイナスリフト)
上顎の臼歯部にインプラントを入れる際に、上顎洞底を挙上し歯槽骨の高さを増加させる方法
上顎洞底挙上術(ソケットリフト)
上顎の臼歯部にインプラントを入れる際に、上顎洞底を挙上し、歯槽骨の高さを増す方法
水平的・垂直的骨造成(GBR)
インプラント体を入れるだけの骨幅や高さが不十分な際に用いる処置
リッジエクスパンジョン
骨の幅がない場合に、骨を押し広げて骨幅を獲得する処置
結合組織移植
前歯部や小臼歯部において歯肉の厚みや高さを増やして、より審美的にする処置
遊離歯肉移植
大臼歯部において歯肉の厚みや幅を増やして、安定した組織を獲得する処置
インプラントの
メインテナンス
メインテナンス
インプラント周囲の組織検査、レントゲン、クリーニング、噛み合わせの確認など

親知らず外来wisdom tooth

情報お待ちしております

無痛治療Painless

情報お待ちしております

歯周治療Periodontal

情報お待ちしております

予防歯科治療prevention

情報お待ちしております