CHILD ORTHODONTIC

こどもの矯正Children

「子供の歯並びはこのままで大丈夫?」「どんな装置を使ってどんな治療をするのだろう?」「痛みはどれくらいあるのだろう?」など、お子さまもご両親もわからないことや不安が沢山ですよね。
当院では、お口の中の問題や治療方針などを分かりやすくご説明いたします。
また、お子さまが安心して楽しく治療を受けていただけるよう居心地のよい環境作りを行っております。

こどもの矯正治療を行うメリット

大人の歯を並べるための場所を確保する

成長期の子供の矯正治療では、顎骨を拡大したり成長を利用することで、歯を抜かなくても隙間を確保できる可能性が大きくなります。

顎骨の正常な成長を促し、顔貌の発達を改善する

出っ歯や受け口などは早期に治療することで成長を利用して骨格的な改善を図ることが可能になります。
矯正治療により顎の正常な成長が起こると顔立ちも変わっていきます。

歯並びを悪くする原因を抑制・排除する

口呼吸、舌の癖、間違った飲み込み癖、指しゃぶりなどの機能的な癖は歯並びを悪くする原因となります。これらの癖を早期に改善することで、正常な歯並びと顔貌の成長を誘導することができます。

大人の矯正治療の難易度が下がる

こどもの矯正治療だけでも歯並びが十分に改善することもありますが、もし大人の矯正治療が必要となっても顎の成長や筋機能の改善を行なっていることで、治療の難易度が下がり治療期間も短くなります。

使用する装置について

トレーナー型装置

歯並びを悪くする原因に働きかけ、顎骨の自然な成長と発達を促します。歯並びを悪くする原因には遺伝的要因と環境要因があるといわれています。環境要因とは口呼吸、舌突出癖(舌を前に出す癖)、逆嚥下(舌の奥を押し広げて食物を落とし込む食べ方)、指しゃぶりなど、誤った口腔習癖があげられます。
顎骨の成長と発達には正しい舌位と鼻呼吸がとても重要です。口呼吸をしている場合、安静時の舌が上顎についた位置に正しく置かれません。そのため、上顎が十分に発達せず下顎の前方への成長も妨げられます。歯並びだけでなく、気道が制限されて呼吸にも影響を及ぼす可能性があります。

拡大装置

顎が小さい、歯が大きいなどでデコボコの歯並びの治療で歯列を広げることを目的に使用する装置です。約1週間に1回、ねじを回して装置を広げることで、歯列の幅を広げるように動かし、永久歯がきれいに並ぶスペースを作り出します。
主に取り外すことの出来る装置を使用しますが、様々なお口の中の問題に応じて、一人ひとり異なった装置を使用します。そのため、場合によっては固定式の装置を使用することもあります。
「拡大」とは歯列の前方側方への傾斜移動になります。お子さまの症状に合わせて適正な量の拡大を行っていきます。

お子さまの部分矯正にも対応しています

お子さまの歯並びで「すきっ歯や1歯だけなど、部分的に治療したい」という場合、将来的な歯の生え方や、歯の動きを加味しながら「こどもの部分矯正」も扱っています。

どうして“こどもの歯並び”は悪くなるの??

歯並びを悪くする原因には遺伝的な要因もありますが、生活習慣や筋肉の使い方からくる発育異常がもとで、歯並びに悪影響を与えていることが少なくありません。
そこを見極めるためにも、お子さまの歯並びが気になったら早期のご相談をおすすめします。

歯並びや咬み合わせが悪いということは、歯の生え方だけの問題ではなく、アゴ(顎骨)の発育状況に起因している可能性があります。
お口の周りにはたくさんの重要な筋肉があります。特に「舌」は、歯並びに大きな影響を及ぼします。
舌は本来は上顎についていなければいけません。口を開いて口で呼吸をすると舌が下がり、上顎の発育が悪くなり、歯の生えるスペースが不足してしまい歯並びがガタガタになります。
また、舌が下がると気道を狭くしてしまいます。気道が狭くなると鼻からの空気が通らなくなり、睡眠時にいびきをかいたり、眠りが浅くなったりします。

当院ではこういった習癖や環境的な要因を改善し、お子さまに合わせた最適な装置を使用することで、歯並びをよくするだけではなく、もっと健康にもっと笑顔になれるようお手伝いをさせていただきたいと考えております。